院内ツアー

明るく、リラックスしやすい雰囲気をつくって、皆さんをお迎えしています。
スタッフも明るく、優しく、親切・丁寧に接することを心がけています。

住谷歯科医院の院内をご紹介

受付
受付
お待ちしていました。こちらで診察券・保険証をお預かりさせていただきます。
診療室
診療室
2つのチェアですが、右側は予備のチェアです。他の人がほとんど座ることがないので、待ち時間も無く、個室状態で治療していただけます。
ガス滅菌器
ガス滅菌器
当院の滅菌は、高圧蒸気滅菌のみならず、ガス滅菌の設備を用意し、国家資格のある選任担当者が責任を持って滅菌消毒をおこなっております。(ガス滅菌は、この資格がないと扱うことができません。)
チェアーサイド嫌気培養装置
チェアーサイド嫌気培養装置
チェアーサイドで嫌気培養するため培養装置で、密封できる嫌気ジャーの部分がアルミニウムにできています。この容器を35〜36℃に保つことによってチェアーサイドで嫌気することができます。
カルチュレット
カルチュレット
採取した根尖内容物や膿を上記のCDC嫌気性菌用血液寒天培地に塗り広げるのに使用します。カルチュレットは、滅菌綿棒と輸送培地の入った小さなガラスカプセルをプラスチックケースに封入したものです。綿棒上部のガラスカプセルを指で強く押して、ガラスを割り、輸送培地を綿棒に染み込ませて使用します。
CDC嫌気性菌用血液寒天培地
CDC嫌気性菌用血液寒天培地
分離塗抹と抗生物質感受性を試験する際に利用します。
この培地は感想を避けるために、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保管すれば、1ヶ月以上利用できます。
左の写真は試験中の培地です。
プラトンバイオインプラント
プラトンバイオインプラント
当院のお薦めインプラントです。
住谷歯科医院のインプラント治療については、こちらのページをご覧ください。
シンプラント
シンプラント
シンプラントとは、歯科用CTにより撮影された画像をコンピュータ上で立体化するための設備です。
インプラント手術のシミュレーションやインプラントの埋入位置を選定するために必要となります。
骨補填材(SynthoGraft)
骨補填材(SynthoGraft)
骨の増大治療に使用する人工骨補填材です。インプラントを施したい箇所に骨が少ない時、骨を増大させる処置が必要になります。
インプラントを埋入するために骨を削るとき、同時に患者様ご本人の骨を採取します。ただし、ご本人の骨だけではどうして十分な量を得られません。そこで使用するのが人工骨補填材です。採取した患者様ご本人の骨と人工骨補填材を混ぜて、インプラント埋入部に埋め込むと、それらは血液にくるまれながら骨と同化していきます。
この方法により骨増大治療が必要される場合にも、患者様の負担は大幅に軽減されます。