根管治療

根管治療とは?

根管治療とは、歯の神経にまで広がってしまった大きな虫歯や、
歯の根の先の細菌によって、
ウミがたまってしまう病気に対して行う治療法です。

そのまま放っておくと、歯の根周辺の組織にも感染が広がり、
痛みや腫れが生じます。


治療しないと抜歯が必要になるケースもあるため、早期に治療を行うことが重要です。

当院では、根管の無菌を確認するために、チェアーサイド嫌気培養システムを用いています。

根管治療の流れ

1.虫歯が重傷化した場合
根管治療の流れ
1.以前治療した歯が再度痛みだした場合
根管治療の流れ
根管治療の流れ 2.歯の神経を取った後に根の長さを測る
(根管治療の成否を握る重要な処置であるが、なかなか難しい作業です)。
根管治療の流れ 3.菌に汚染された歯の根の部分を広げて清掃と消毒を行います。
根管治療の流れ 4.根の中に薬を入れて、消毒を数回繰り返します
(症例によって消毒の回数は変わります)。
根管治療の流れ 5.チェアーサイド嫌気培養システムを利用して、歯の根の「無菌状態」を確認します。
根管治療の流れ 6.仕上げの薬を入れて、金属の土台を入れます。 根管治療の流れ 7.ゴールド系または、セラミックの冠をかぶせます。

チェアーサイド嫌気培養システムについて

根尖部には彌慢性の透過像を確認することが出来ます。   透過像は、
ほぼ消滅しています。

歯の神経をとる治療をしたのに、数年すると痛くなってきたり、腫れてくる事があります。
また、痛みも腫れもないけどもレントゲンで見ると 歯の先端部に膿が出来ていることがあります。

これらは、
治療した時に取り残した細菌が原因です。

しかし、この根管治療がしっかりなされないまま、その上に、いくらすばらしい上部構造(セラミックの白い歯、金合金等)を作っても、砂上の楼閣となります。

当医院では治療時に細菌を徹底的に除菌し、以下で説明するチェアーサイド嫌気培養システム
検査を行って「根管の無菌」を確認してから、噛むためのかぶせを作るようにしております。

通常、健全な歯髄(よく皆様が思うところの歯の神経)は無菌であり、
細菌が歯髄や根尖部に侵入する経路として

1.う蝕が進行して歯髄が感染する場合
2.切削(歯を削る)によって歯細管から細菌が歯髄に達する場合
3.打撲で歯肉溝の細菌が根尖孔から歯髄に達する場合
4.破折で直接歯髄が感染する場合
5.その他

等があり、これらの中でもっとも多いケースは1のう蝕(虫歯)が進行して歯髄が感染する場合です。
 

『チェアーサイド嫌気培養システム』の流れ

嫌気培養テストの結果、陽性となれば、細菌検査を行い、何の細菌かを突き止めます。
その後、適切な薬剤を使用し、無菌状態を確認した上で、仕上げの薬を入れます。

上記の3例では、いずれも細菌が見つかっている状態です。

嫌気培養テストでは、下の培養装置(左)とカルチュレット(右)を利用します。

●かなり上手な臨床医が根管充填前に『チェアーサイド嫌気培養システム』を用いて
細菌検査をすると20%〜30%の症例では細菌が分離されてきます。

抜髄根管における根管充填前の細菌検査結果
術者 症例数 培養陽性 細菌残存率(%)
O先生 33 7 21.2%
T先生 59 14 23.7%
Y先生 101 27 26.7%

●冷水痛がある歯の場合、約1/3の症状から細菌が分離されます。 目発痛や温熱痛がある場合は90%以上で細菌が見られます。すなわち根管は感染しています。

歯髄疾患の細菌検査結果
症状 臨床症状 培養陽性率(%)
グループ1 冷水痛 33.3%
グループ2 目発痛、温熱痛 90.9%

(池永ら、日本歯科保存学雑誌35:1501〜1506 1992)

 

すなわち、従来の根管治療を行っている臨床医の場合には少なくとも20〜30%の症例で根尖に細菌を残存させたまま根管充填をしていることとなります。

何度もお伝えしますが、その上に、いくらすばらしい上部構造(セラミックの白い歯、金合金等)を作っても、砂上の楼閣となります。

予知性の高い根管治療を行うためには感染症の主役である細菌に目をむけ、無菌であることを確認することが大変重要です。

当院では、患者様に安心していただくために、この『チェアーサイド嫌気培養システム』を行い、
無菌であることが確認できた上で安心な材料を使用した上部構造(セラミックの白い歯、金合金等)を適用することを心がけております。

院長の住谷は、「歯性感染症を考える会」の会員です。【参考文献】細菌を知る・エンドが変わる 編集:福島 久典

チェアーサイド嫌気培養システムを利用した根管治療の症例

チェアーサイド嫌気培養システムを利用した根管治療の症例
根尖部に小豆大の
彌慢性透過像がみられます。
  透過像は、
ほぼ消滅しています。
チェアーサイド嫌気培養システムを利用した根管治療の症例
頬側根根尖は破壊され、
小さな透過像が認められます。
  透過像は、
ほぼ消滅しています。
チェアーサイド嫌気培養システムを利用した根管治療の症例
根管には根管充填材が残存し
根尖部には小豆大の不明瞭な
透過像が認められました。
  透過像は、
ほぼ消滅しています。
チェアーサイド嫌気培養システムを利用した根管治療の症例
根尖部には
彌慢性透過像がみられます。
  透過像は、
ほぼ消滅しています。