入れ歯(義歯)

当院の超安定入れ歯(義歯)について

保険の入れ歯は、作り方、使用する材料、金属バネの種類、調整にかかる時間など
大変に厳しい制約の中で作る必要があります。
この制約の中で一生懸命努力しても限界があります。

従来はフラスコ加圧重合法という方法で入れ歯を作ります。
この方法は、人工歯の配列の位置(患者様の噛み合わせ部分)の左右のズレや上下のズレが出て、
修正が必要となります。

そのずれが生じると、
・うまく噛み合わせることができない
・舌を噛む
・ぽっぺたの裏を噛む
・発音が悪くなる
・顔と歯のバランスが悪くなる

というようなことが起こります。

このズレをなくすために、
住谷歯科医院では、光レジン重合法(トライアドVCLデンチャーベースマテリアル)という方法で
入れ歯を作っております。


熟練した入れ歯づくりのスペシャリストの技工士が直接噛み合わせを目で確認しながら、
全てのバランスを整え、上記の問題が生じにくい、
患者さん一人一人に合った完全オーダーメイドの入れ歯を提供しております。

保険の入れ歯と超安定入れ歯の違い

住谷歯科医院の超安定入れ歯
住谷歯科医院の超安定入れ歯

保険内で入れ歯を作る時、
使用する材料、バネの種類、調整にかける時間など、大変に厳しい制約があります。
その中で一生懸命に努力をいたしますが、限界があります。

バランスの良いかみあわせは全て既製品の人口の歯では作れません。
技工士が1歯ずつ丁寧に作っていてやっと良いかみあわせができます。

ただ作れば良い、安ければ良いというものではないと思います。

また、たまに「入れ歯を付けると痛いんだけど、ガマンして使用している」と
おっしゃる方がおられますが、なぜガマンが必要なのでしょうか?

人間は年をとってくれば必然と食べることが楽しみになります。

おいしいものを食べ、すばらしい笑顔の絶えない生活。

これが長生きの秘訣ではないでしょうか?

 
保険の入れ歯
超安定入れ歯
人工歯 種類が限定されている為に場合によっては残っている歯の色、形のバランスが悪くなることがあります。 患者様それぞれに最も合うように、様々な色、形を用意させていただくことが可能です。
歯肉部 汚れが付きにくく、装着感が良いですが、基本的な形態だけで、制限があります。

汚れがつきにくく、装着感も良く、また、ご要望にあわせた形態を作ることもできます。

義歯床(樹脂) 金属と違い割れやすいので、かなり厚くなっています。また、熱を伝えにくい材質なので、食べ物の温度、味覚が感じにくくなります。 入れ歯が落ちないように固定したり、入れ歯で噛んだ力を粘膜に伝えたりします。金属を使用した場合は、薄く装着感がよい。
維持装置(留め金) 残っている歯を取り囲むようにして入れ歯を固定する為、歯の状態によっては、笑ったときに見えたり、多少口の中で違和感があります。 残っている歯に必要以上の負担をかけず、歯を長持ちさせることが出来ます。種類によっては、外から留め金が全く見えないので、入れ歯をしていることが分かりにくくなっています。
総合 審美性やフィット感、食べ物の温度の伝わりやすさなど機能性では劣りますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。 ●安定した皮膜におおわれ、金属イオンが溶け出さないチタンは、生体親和性に優れ、害を与えないことが証明されており、そのため、金属アレルギーなどの心配がありません。
●金属味がほとんどありませんので、義歯使用による味覚に変化が起こりません。
しかも適度な熱伝導性があって、食物の暖かさや冷たさを感じることができます。
●比重は一般的に義歯に用いられる金合金の約1/4と軽いのがチタンの特長。重い義歯から患者さんを開放します。
●義歯(特に上顎口蓋部)が薄く、装着感が良好。舌の動きも自由で発音が明瞭。
●軽くて強く、耐久性にもすぐれています。
●汚れにくく、清潔。粘膜の炎症や口臭などの問題が起きにくい。

入れ歯に使用する金属について

入れ歯の制作において、金属の選択を極めて重量視しております。

最良の設計を仮に行っても、金属の選択を誤ると望まれる結果は得られません。

金属の選択において、各々の補綴物に最適なものを選び、
溶出試験、細胞試験、アレルギー、発がん性、子孫への影響などの
評価試験をクリアしたより安全な金属を当院の超安定入れ歯(義歯)では、使用しております。

当歯科医院では、これらのことからより山本貴金属地金K.Kのものを使用しております。

また、金属アレルギーの方は、パッチテストにより、原因となる金属を特定し、
その金属を利用せず、入れ歯を作らせていただくことも行っております。

歯科技工士紹介

BLK歯研
(左)河合隆資 BLK歯研代表 (右)河合翔太
BLK歯研は、患者さんに優しく、
歯科医師に易しい技巧を目指します!

1990年 ソフト・フィクト デンチャーシステム開発
1993年 ・BLKロック デンチャーシステム開発
・ダイレクト メタル・フレーム製作法の開発
(総入れ歯、部分床入れ歯)
・マスター模型咬合器上レジン重合(光重合使用)法の開発
(総入れ歯、部分床入れ歯)
・各種アタッチメントの開発

当院の超安定入れ歯(義歯)製作の流れ

その方の今の入れ歯と顎の状態、噛み合わせの状態によって治療の進め方は異なります。
保険の入れ歯の作り方のように単純なステップでは進みません。


ここでは標準的な流れを下記に示します。

初日
1、初診時に患者様の現状と問題点をしっかり聞きます。
2、様々な検査をして完成への1歩を踏み出します。
3、診査・診断のための第1回目の型をとります。

二回目
1、前回採った型から精密なお口の中のスペースを採ります。
2、その際に、顔の形等から、歯の形・色を選びます。
3、噛む位置を安定した位置を導き出します。(3回目になることもあります)

三回目
患者様一人一人のソシャク運動を考えて全症例とも院長が自ら調整にあたります。
1、お口の中のスペースに合った入れ歯が完成手前で出来てきます。
2、この完成手前で違和感などがあれば、必ず院長に言ってください。
3、ここでお口に合い、問題がなければ、次回仕上がりです。

四回目
1、ほとんど、手を加えずお口に入り完成です。

これは、標準な最短の方法です。 途中で、何かの問題に解決に時間がかかることがあります。
最短で4回で超精密入れ歯の完成が可能ですが、1回の治療時間は1時間程度、
場合によっては2時間以上かかる場合もあります。

審美的にバネ(クラスプ)を見せたくない方の症例

患者59歳 男性 ロックデンチャー

エナメル上皮腫の診断により、4-11を含む上顎骨の部分切除を受け、手術後、通常のクラスプ義歯を装着していたもののバネ(クラスプ)が見えることや、欠損部隣接面部分に食べ物のカスがたまりやすいなど不満を訴えられておりました。

また、全身的な問題として脳梗塞にて入院治療を受けてられており、現在も右手足は軽度の運動障害があるため、インプラントの選択ではなくロックデンチャーを選択されました。

ロックデンチャー